緊急避難

 いつもは車の中に積みっぱなしなのですが、75%とあまり高い湿度のため、極軸望遠鏡のある赤径体のみ、緊急避難です。

    避難

 

スポンサーサイト

ヒメコブシの剪定

 天体写真的には立派な梅雨ですが、雨は降りません。 と言うことで暑い中、ヒメコブシを剪定しました。 すっきりして木も涼しそうです。 体重も0.5kg減です。 でもご褒美のビールでそれ以上に回復するのは常の事です。 したがって、夏の庭作業はダイエットに逆行します。
    17ヒメコブシ
 
 真夏までにやらなくては大物の木は水流ヒバのみになりました。  あと少し・・・・・・・

避難しました

      避難
 湿度も上がってきて、いよいよ梅雨本番です。 いつもは車に積みっぱなしの望遠鏡ですが、この湿度では危険と、大型ポリ袋の中に避難してきました。 中には水取り象さんが。

閲覧注意

 山茶花の剪定をしました。  山茶花の剪定時期は春ですが、KY博士は暑くなってからやっています。 春の剪定では正月前にもう一度やりたくなりますが、芽吹きの終わったこの時期なら年一回の剪定で、そこそこ樹形を保てます。 その代わり花の付きは諦めています。  写真左が剪定済みで、右の木はこれから剪定します。        
         17山茶花

 胴ぶきの強い木ですから、選定作業は楽です。 どんどん切っていいはずなのですが、今年は大変でした。 オルトランを撒く時期を外したらしく、茶毒蛾の死骸がところどころに。 茶毒蛾は死骸でもちゃんと立派にかぶれます。 KY博士は比較的茶毒蛾に耐性があるのですが、それでもです。 ちゃんと成長して飛んで行ってくれた方がよっぽどまし。 写真は息絶えた茶毒蛾です。
       茶毒蛾死骸

これから暑くなるのに

      ストーブ
 これから暑くいなるのに、カセットストーブを買いました。 要するに季節外れの在庫一掃セールにひっかかった訳です。 でも、車の中が暖かくなりそうです。 KY博士の撮影スタイルでは、車のバックドアは開けっぱなしなので、一酸化炭素中毒の恐れはありません。 これで、餅が焼けないか検討しましょう。

特別保護区設定

      保護区
 我が庭で絶滅が危惧されるネジクサの保護区を設定しました。 白いフェンスの内側は、芝の手入れを控えます。 この草は雑草でありながら、環境の変化にとても敏感です。

ツゲの刈込

      ツゲ
 我が家はツゲの生け垣が多くの長さを占めます。 一番長い部分の刈込をやりました。 自分ながら見事です。 刈り込みバサミでやります。 電動トリマーよりきれいに仕上がります。

梅雨入りです

 梅雨入りです。 天体写真ファンとしては、もう梅雨明けが待ちどうしい。 機材の整備でもしましょう。 この時期の整備がそれ以後のトラブルを防ぎます。

      17豚さん
 今日から、外作業や機材の積み下ろしに豚さんが参加します。 よろしくお願いします。

      17ネジリクサ
 ネジリンボが咲きました。 一株だけです。 芝の手入れをするほどネジリンボは少なくなり、我が家では絶滅危惧種です。

      種シクラメン
 種から育てたシクラメンが咲きました。 親はアンティーコと言う高級品種ですが、その種から育てたものは全く似ていません。 元々はベージュに近い白にピンクのフリルがついた花でしたが、これは違います。 アンテーコは組織培養品とか。 種からではダメなようです。

ツゲの刈込

 KY博士の家の生け垣はツゲです。 そのツゲの樹齢は30年を超えるでしょう。 木も人間も同じで歳をとると勢いがなくなります。 そして突然、枝が枯れ生垣の一部に穴が開いてしまいます。 
      ツゲ穴
 
 そうなると生垣の頭を思い切り刈込見ます。 中にも光が当たり新しい枝の成長が促され穴の修正が早くなります。 残念ながら人間には当てはまりません。 当てはまるなら禿はなくなります。
      ツゲ頭
プロフィール

KY博士

Author:KY博士
公開中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる