信州みたい

 昨日までの春の寒波?、神奈川の大山も雨ではなく雪だったようです。 こちらからもそれが見えます。 そして近くには菜の花。 山の残雪と春の花。 信州ではよく見かける風景です。
      春

 そしてこちらは本物の信州。 ライブカメラ映像です。 我が天文ファンの聖地、しらびそでは除雪が始まったようです。 早く開くといいな(^^♪
        救出
スポンサーサイト

天気が悪い

 新月期だというのに、天気が悪くて出かけられません。 晴れても花粉か黄砂かあるいは春霞のせいか、すっきりしない空です。 まぁこれは例年のことです。 5月になって富士山が開けばとりあえず春霞の上には出てるのですが、今はそれを待つしかないかもです。 そんな時はやはり機材のメンテと一工夫。
 
 ガイド鏡を1982年製のNIKKOR*ED 300mm 4.5 に替えています。 古いレンズですが、EDだし、まかり間違ってもタカハシの2枚玉GT-40よりはいいだろうと。 予想に違わない性能で、ばっちり1344㎜も完璧にガイドしました。 まぁレンズ性能よりは、ステラショットのマルチスターガイド効果の方が大きいかも。 ただ一つ欠点があります。 ピントが合わせにくい。 ヘリコイドが敏感すぎる。 と言うことで、接眼部をヘリコイドに替えました。 これでピント合わせも楽になるでしょう。 
      接眼ヘリコイド

 次は、キャップの製作です。 露除けのためにフードを延長される方は多いと思います。 そうするとレンズキップはフードの奥になり、取り外しが面倒。 とは言え、撮影中以外はキャプをして、少しでも埃からレンズを守りたい。 そんな時用のキャップです。 延長フードの先にかぶせるだけです。 100均(108均)で丸い紙箱を買ってきてアルミテープを貼っただけです。 製作作業時間、30分。 黒い物は、銀塩時代の物です。 キャップと言うよりシャッタ-の役目です。 銀塩時代の後半は67判を使うことが多く、その場合のシャッターはフィルムホルダーの引き蓋です。 でも蓋を引くにはそれなりの力が加わり、望遠鏡の揺れは無視できません。 ですから、フードの先端のこれをかぶせておいて、引き蓋を引き、揺れが収まった頃にこれをそっと外し、露出開始です。 その時のわずかの揺れも気にする方は黒く色を塗った団扇を使っていました。 今は楽ですね。 と言うことで、今のキャップは内側を黒く塗る必要がありません。
      昔シャッター

    

新ヒーター

 Nikkor 200-400用の露除けヒーターを作りました。 熱電対による温調付きです。 カバーを作ったのはもちろん家内です。 このレンズは撮影とガイド鏡の両方に使う予定です。 今までの125SDPに比べ、少しは軽量化できたかもですが、価格(定価ベース)では逆に上がってしまいました。
      新ヒーター

シンボルツリー

      シンボルツリー
 シンボルツリーを植え替えました。 今までのは木が暴れて形が取れなくなり、枯れ枝も増えてきたので。 針葉樹を好みの大きさと形にとどめるのはなかなか難しく、どうしても大きくなってしまいます。 新しい木はブルーアイスです。 同じ針葉樹ですが、少しは刈り込みができるようです。

NDフィルター買いました

      NDフィルター
 ND100000を買いました。 8月の日食のためです。 まだ早いのですが、それが近づくとなくなる可能性があるので・・・・・

野党のおバカさん

 今度は籠池さんと組んじゃった。 籠池さんを野党が持ち上げちゃった。 右翼の籠池さんと左の野党がどうして組むのだろう。 

稲田問題

 稲田防衛相が記憶しているしていない、うそをついているついてない、などしか攻め手がない。 斡旋したかしないかが問題で、そこに対して攻め手がない情報を持ってないと、自ら公言しているようなもの。 これでは安倍さんは安心してほくそ笑んでいる。 見つけた献金が6000円!! これを国会で追及する野党。 これも笑えます。 アホの極み。 6000円の献金を覚えているような人に防衛大臣は任せられない。 野党はやはり万年野党だわ。 

片づけ

      17ひな祭り
 ちょっと片付けが遅れました。 早くしまわないと嫁に行くのが遅れるとの話もありますが、もうすでに嫁に行っているので関係ありません。 ちょっとレンズを飾ってみました。 Nikkorの大三元ズーム、200-400ズーム、105マクロです。 残念ながら、うち2本は現行品ではありません。 まぁそのうちね・・・・・・・

いつのころからだろう? 分子雲

 いつのころからだろう。 淡い星雲を分子雲と言うのは・・・・・分子雲とは、ほとんど解離していない水素ガスからなるの物で、温度は絶対零度に近い。 したがって自ら光を発することもない。 分子雲が手前にあると、そこで光をさえぎるためシルエットとして確認することができる。 遠くの星の光を反射することがあるかもしれないが、これは反射星雲である。 高銀緯星雲くらいに淡くなると反射星雲ではなく分子雲と呼んでいいかもしれない。 Hαフィルターで写るものは、当然ながら水素が解離しているわけで分子雲では決してない。 アマチュアが淡い星雲=分子雲と呼ぶのは勝手だが、ベテランアマチュア天文家もアマチュア天文雑誌も間違いを指摘しない。 まぁアマチュア天文村だけに通じる村の言葉と思い納得するしかないか。

それはそれで、純粋で立派な国

 北朝鮮はなんであんなことをするのだろう。 自国民とはいえ、他国で暗殺をバレバレ状態で実行するデメリットをなぜ考えないのだろう。 また、性懲りもなくミサイルをぶっ放して何のメリットを期待してるのだろう。 これが、今の日本なら行動を起こす前にそろばんをはじいて、メリットデメリットを計算して・・・・・・まぁ、どちらが純粋かと言えば、北朝鮮かも。
 また韓国も同じ。 大統領を弾劾して、次の政権は反日、反米になるかも。 THAADの在韓米軍への配備も再検討。 そこにどちらが得かというそろばんは存在しない。 実に純粋です。
 所詮、日本は [相模屋、おぬしも悪よのう。 いやいや御代官様にはかないませんわ] の国かも。 相模屋も代官も損得で動きます。 かつて山の無い県の代議士で影の総理と言われた大物政治家、経済さえうまくいけば自由主義だろうが共産主義だろうがどちらでもいいと、言ってました。 そう日本はそろばんの国です。 そろばんを間違ったのが先の大戦かも。

マルカリアンの鎖中央をアップ

 おっ、天体写真ファンとしては、超真面目、1月、2月に引き続き、3月も新作アップです。 KY博士は、『**附近』と言う題が多いのですが、今回は『マルカリアンの鎖中央』です。 そして、総78枚のコンポジット(露出狂)で懐の深い画像を得て、超彩度アップです。 単調な色合いで表現されるこの対象をカラフルな銀河の並びとして示しました。 M84とM86は同じ黄色でもわずかな差があります。 そしてそれらに引き寄せられ崩壊の悲鳴を上げているNGC4402、潮汐作用で形の崩れたNGC4438など興味深い領域も高彩度でさらに興味アップです。 NGC4402に知的生命体がいて天文ファンがいたら、自分たちの銀河を破壊しつつある天空に広がる憎きM86をどんな気持ちで見上げているのでしょう。 
    大きな画像はこちら↓
 http://astronomicalimage.web.fc2.com/hpb/STARTOWN/newastro/810marukari.html

    Markarians Chain

       17シクラメン
 シクラメンの近況です。 左は去年夏越えした株です。 秋にハダニがついて葉がきれいではありません。 ハダニの退治用の薬剤が高く、枯らして新しく買った方がいいのですが、それもかわいそうだとハダニ剤に金をかけてしまいました。 ダメージのある葉は回復しませんが、それでもきれいな花をたくさんつけてくれました。
 右が今年片買ったものですが、大きく高級品種で元値は9900円。 しかし売れ残りで3000円に値下げ、それを買ってきました。 当然です。1万近いシクラメンなんて買う人はいません。 長期間、店で太陽にあたらなかったせいか、花付きは今一です。 もう少しよくはなるとは思いますが今年は無理でしょう。 来年に期待です。
備忘録;ビクトリアマーズ(雪印)

ひな祭り

      ひな祭り
 2日ほど遅れましたが、娘が返ってきてひな祭りです。 今年は京橋千疋屋のスイーツです。 さすがに千疋屋。 イチゴが美味しい。

腰に手ぬぐいぶら下げて

 ムッシュかまやつさんが亡くなられました。 KY博士の世代にとっては、青春時代を思い出させる方でした。 彼の歌で思い出すのは、やはり[我が良き友よ]です。 ただし作詞作曲は彼ではなく、吉田拓郎ですが。
 腰に手ぬぐいぶらさげて、下駄をならして行ってしまいました。 また一つ昭和が無くなりました。 合掌・・・・
プロフィール

KY博士

Author:KY博士
公開中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる