大晦日

 後、1時間半で2016年も終わりです。 大晦日と言えば紅白ですが、AKBだかSKDだかRGBだか、似たようなグループばっかりで・…という訳で、家族とは離れ、一人でJAZZです。
        16大晦日

 そして、その選んだ1枚は、KIZASHI です。 1980年の録音です。 富樫雅彦と山下洋介のDUOです。 富樫雅彦は2007年に亡くなっています。 彼は車いすでした。 若いころ浮気がばれて、奥さんにナイフで刺されて下半身不随になりました。 うん、人生がJAZZだなぁ。
        大晦日の一曲

スポンサーサイト

快晴

 今日の関東平野、素晴らしい快晴でした。しかも新月期。 でも年末の諸々で、出かけられません。 写真は我が家の近くから、Nikkor200-400に1.4倍テレコンの560mmで撮影したものです。 三脚など使わず手持ちです。 焦点距離と同じシャッタースピードで手ぶれするようなら、へたくそとかつては言われていましたが、今は手ぶれ防止でぶれようがありません。
      161228富士

サンタさんが来ない

 25日まで待っても、プレゼントなし。 まぁこの歳では、サンタさんの住所録から外れてるかも。 それでは寂しいので、ガイド用のカメラを注文しました。 QHYCCD QHY5-IIです。 安いなぁ。 ST-4、ST-5cなど、初期のガイドカメラの1/10です。 
 これも時代の進歩か技術の進歩でしょうか? カメラではありませんが、同じ電子機器、KY博士が学生の頃、4Kのメモリーボードが250万でした。 4Kですよ、4Tではありません。 KY博士は、64Kから開発研究に絡みました。 当時 bit単価で計算したら、将来はメモリーはただになると冗談で言っていましたが、今日冗談ではなくなっています。 

クリスマス

        161クリ
        
        162クリ

 今夜はイブです。 昨夜は子供たちも帰ってきてにぎやかでしたが、今日は静かなイブです。 ここ何年か手抜きの飾りつけです。 来年は頑張ろうと思うのも毎年です。

 

ミカンの収穫

 庭に植えたミカンの木に実がなりました。 肥料も消毒もしていない超安全ミカンです。 超美味しとは言えませんが、そこそこ食べられます。
        ミカン

マキの剪定

 今年の庭木の剪定の超大物のマキのそれを行いました。 今年は暖かいのか、芽吹きが収まらず年末になってしまいました。 4mを超える高さです。 歳のせいで、高所作業が年々怖くなっているのは確かです。 
    マキ16冬

 一回り以上小さくなり、すっきりです。 刈り込み鋏でチョンチョンなら大した手間ではないのですが、透かした状態にするのは大変です。 剪定鋏で枝を1本々々選んで落としていきます。 空が見えるくらいに透かします。 今の植木屋ではなかなかここまでやってくれません。
     マキ透かし

デビットハミルトン

 デビットハミルトン氏がなくなりました。 ソフトフォーカスの甘い写真(ピンが甘いのではありません)が特徴でした。 あの雰囲気は今のデジカメで出るのでしょうか?
      デビットハミルトン

皇帝ダリアを倒しました

 ここのところの冷え込みが厳しく、皇帝ダリアが霜にやられてしまいました。 晩秋になってやっと花が咲くのに、寒さにはからっきし弱い変な花です。 あまりの長さに、3っつに切って運び出しました。 全体の高さは4.6mでした。
        皇帝ダリア倒し

コールマンストーブの交代

 四半世紀にわたって使ってきたコールマンストーブ508が、ガソリン漏れを起こすようになり、もはや寿命と508Aと交代です。 508はレバーが2つ付いており、微妙な火力の調整が可能ですが、新しい508はレバーが一つです。 前々回の遠征では、梅雨除けヒーターの温調器が壊れるし、、、、最近、物がよく壊れます。 まぁ壊れるというより、寿命が来たというほうが正しいのですが。 こちらもそろそろ壊れる歳かな?
        508.jpg

追) その後、解体して再組み立てをしたら、復帰しました。 信頼性は今一だと思いますが、ストーブは2台持ち歩いているので、大丈夫です。 

太陽光発電パネルを付けました。

        ソーラパネル
 温暖化対策にはどれくらい寄与するかわかりませんが、流行りと言うこともありソーラパネルを付けました。 生産に要したエネルギーを何年で回収できるかのエネルギーペイバックは何年でしょうか? 業者に聞くとコストペイバックは即座に返答があるのですが、より重要なのは前者です。

西臼に行って来ました

 11日の夜、西臼に行って来ました。 KY博士のホームグラウンドの一つです。 満月期と言うこともあり、天文屋さんはだれもいません。 月明り+地面に転がした60W相当のLED電球。 明るく快適です。 ここはガリバー跡地よりは明るいのですが、ナローバンド撮影には関係ないかと。 それ以上の月明りです。
       西臼

 気温は-7℃、霜がびっしり。 写真はテーブルの上の霜をかき集めたもの。
       霜

マッシュルーム三兄弟

     マッシュルーム
 先日アップしたM42の周辺、面白いところがたくさんあります。 KY博士が興味を持ったのは、このマッシュルーム三兄弟です。 出来の悪いのも含めると 四兄弟か五兄弟です。 一つならわかりますが、同じような構造がたくさんできるのはなぜでしょう。 謎です。 KY博士の15cmではこれが限界です。 もっと長焦点で大口径の機材をお持ちの方、チャレンジしてみてください。 でもとても淡い対象ですから。F値もそれなりに明るくないと、歯が立たないでしょう。

ガリバー跡地に行って来ました

 12月3日に、ウィークディながら晴れはここしかないとガリバーに行って来ました。 夜半までは雲が通過するあいにくの天気でしたが、その後、快晴。 撮影はステラショットの本格運用と言うこともあり、その癖の把握に時間を取られ撮影は中途半端で終わりました。
        

 撮影中に望遠鏡の結露防止ヒーター温調器が壊れているのに気が付きました。 もう20年近く使っているのでさもありなんと。 写真右の温調器が動作不良です。 買い替えには2万円近くかかりますので完全修理は諦めました。 この温調器はなかなかの優れもので、外気温+何度という設定が可能でした。 そのための温調器が2つです。 今回1個が壊れたので、毎回、外気温を考えて温度設定が必要になり不便です。 まぁ、KY博士の天文活動はあと何年でもないのでこれで我慢することにしました。
        温調器修理

プロフィール

KY博士

Author:KY博士
公開中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる