PENTAX SDPはいずこに?

 銀塩時代の終盤、一世を風靡したPENTAXのSDPシリーズ。  最近はフォトコンでもまず見ないし。 壊れてなくなったとも思えないし。 SDPは何処に行ったのでしょうか? 性能が今のレベルではない?? いやいや、決してそのようなことはありません。 やっとSDPの性能に他が追いついたといっても過言ではありません。 ピクセル等倍で見たとき、若干の倍率色収差がありますが、プリント上でそれがわかるはずもなく、まして1000×600程度Web上ではまずわかりません。 気になるなら、今のソフトで修正は簡単です。 他の光学系に対する最大の優位点は星の肥大が少ないことです。 微光星が小さいのは当たり前。 また超明るい星が肥大するのも当たり前。 KY博士にとって、写真のイメージ的なシャープさを支配するのは中間の明るさの星の小ささです。 ステライメージのタイトルに採用してもらったM31はそのSDPの特徴がよく出た一枚です。 他の光学系によるものより、星がうるさくありません。 また最近再処理したバラ星雲もそうです。
  
 ただプリントすると小さな星は見栄えの点でいつもいいとは限りません。 その時は膨らませればいいのです。 
    お母さん、僕のあのSDP、何処にいったんでしょうね? ←古い!!
スポンサーサイト

素晴らしい

 タカハシの新鏡筒FSQ-130EDのMTF曲線が出ていますね。 素晴らしい。 まさに新世代の写真鏡の性能です。 MTF曲線が上に張り付いています。 30本/mmでも張り付いています。 点象と線とでは若干違いますが、撮像面で20μm離れた星と星の間が全く埋まらないということです。 すなわちフレアーがない。 今までタカハシの望遠鏡はややフレアーが多く、微光星は鋭い星像をしめすものの、明るい星の肥大が大きい傾向にありました。 しかしこのFSQ-130EDはそうではないようです。 もっとも実写を待たなければなりませんが。 
     
 ライバルとしてはCanonの500mmF4かNikonの400mmF2.8でしょう。 イメージサークルはFSQのほうがはるかに大きいのですが、いまどきそれを必要としているユーザーはいないと思います。 PENTAX645Zユーザーがアマチュア天体写真界にたくさんいるとも思いえないし・・・

 参考にその両者のMTF曲線を載せておきます。 上がCanon500F4  下が Nikon400F2.8です。
     Canon500.jpg

     Niko400.jpg

 この三者の値段は、とても買えないというところでは同じです。 ぽっと買える人にはその価格差は誤差範囲です。

やはりこちらが好き

 先日、バラ星雲の再処理をアップしましたが、気に入りません。 バラ星雲は髑髏星雲とも呼ばれる訳で、おどろおどろしさも必要と。 と言うことで再アップしました。 

http://astronomicalimage.web.fc2.com/hpb/STARTOWN/newastro/nnsairose.html

前回の処理は
http://astronomicalimage.web.fc2.com/hpb/STARTOWN/newastro/1110rose.html
に残しておきました。

解散

 いよいよ解散ですね。 大義なし解散、下心解散と言ったところでしょうか。 消費税の先送りに関して国民に信を問う???大体先送りに反対する国民がいるのでしょうか? 10%消費税に賛成の人は、一部の官僚、一部の経済人だけでしょう。 それくらいなら、TVや新聞の世論調査で十分のはず。 今解散をやっても与野党逆転はないし、それどころか野党にとどめを刺す可能性すらあります。 首相の本音は長期政権への基礎固めでしょう。 まぁそれも悪くはありませんが。、

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II

    全体
 上はAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II の200㎜で撮影した皇帝ダリアです。 曇天で色はよくありません。 中央にミツバチが写っています。 それを拡大したものが下です。  いつもながらいいレンズです。 カメラはD810です。

    拡大
 
    

シクラメン

 シクラメンを買ってきました。 左の赤い花の方です。 そして右は夏越えをして4年目のシーズンに向かうシクラメンです。 まだ花は咲かず、葉の数を増やす時期です。 
   14シクラメン

備蓄

チョコボール
 KY博士は片道3時間の通勤(痛勤)をやっています。 夜の帰宅では、途中でガス欠になってしまいます。 そこでチョコボールをひと箱136Kcal.を注入します。 写真は仕事場の棚の中にある備蓄品です。 

バラ星雲の再処理

 撮影に行けないのでフォトコン不採用作品の再処理です。 かれこれ2年前の撮影ですが、望遠鏡もカメラも同じなら、再撮影してもそのデータには大きな違いはないでしょう。 まぁ撮影に行けないいいわけですが。
 今回の再処理のテーマは、とにかく微光星は小さくです。 旧画像もリンクさせておきましたから、比べてください。 今までプリントの見栄えから星をやや膨らませていましたが、それをやめてSDP本来の星像です。 明るい星は大きくはなりますが、それでも他の望遠鏡に比べてそれも小さいのではないかと思います。 SDPの開発の時、中間の明るさの星の肥大を極力抑えるようにPENTAXにお願いしました。
 色調は最近のバラの処理の流行り?にならって彩度を落としたものになっています。 まぁそれでも他の人に比べれば、派手ですが・・・・
   Newバラ
  http://astronomicalimage.web.fc2.com/hpb/STARTOWN/newastro/1110rose.html

クリスマスの飾りつけ

 今年は例年に比べやや早くクリスマスの飾りつけをしました。 玄関の下駄箱の上です。 毎年同じ飾りです。 そろそろ、新しくするかバージョンアップをしなくては・・・・・写真のビアドロは通年の定位置です。
   14クリスマス1
 
 そしてこちらは別の場所の飾りつけです。 トトロの花車を中心の飾りつけです。
   トトロ

皇帝ダリア

 11月になると皇帝ダリアが咲き始めます。 今年は2回の台風の時、留守をしていたため、かなり幹が曲がってしまいました。 写真の左下にミツバチが写っています。 この時期では、ミツバチにとっては貴重な花です。
  14皇帝

さびしい女郎グモ

女郎グモ
 裏の栗畑をつぶしてから、年々クモの数が減っています。 まぁクモが巣を作らないので、手間は省けるのですが、自然を破壊したことには変わりありません。 特に減ったのが写真の女郎グモです。 ほとんど観なくなりました。 今年の庭の唯一の女郎グモかもしれません。 しかも廻りにオスがいません。 このクモはここで生命の連鎖が途絶えます。

久々の採択

 M45付近が久々に天文誌に採択されました。 去年撮ったもので、他誌に応募撃沈したものをもう一つの雑誌に一年遅れ(シーズンを合わせるため)でエントリーしたものです。 もちろん処理は別のものです。
 
 天文誌2誌の取り扱いが、近所の本屋でなくなりました。 売れない以外の原因はありません。

今日の買い弁

買い弁
 今日の買い弁です。 崎陽軒の炒飯弁当、830円 定番のシュウマイ弁当より30円高・・・・・
プロフィール

KY博士

Author:KY博士
公開中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる