今夜はステーキ

ステーキ
 今日は娘夫婦が来ていたので、ステーキを焼きました。 この鉄板、鉄板と言うより鉄の塊と言った方がいい厚さ2㎝はあろうかと言う超重量級。 天文仲間のまなじいさんが作ってくれました。 肉を乗せたとき、鉄板が冷えるようでは美味しく焼けません。 
スポンサーサイト

秋の刈込開始

 8月の終わりは涼しい日です。 暑さがぶり返してももうそれほどでもないでしょう。 と言うことで秋の刈込の開始です。 ツゲの生け垣から始めました。 暑さが一段落したら、新芽が盛んに出てきます。 刈込のチャンスです。
   14秋ツゲ前

 すっきりしました。 少し強く刈り込んでもすぐに新芽が出てきます。 暮れまでには一度やるようでしょう。
   14秋ツゲ後

秋です

14茸
 大学の林に茸です。 大きさは10㎝以上。 種類はわかりません。 いよいよ秋本番です。

シクラメンの植え替え

 今日は8月にしては、涼しい1日でした。 と言うことでシクラメンの植え替えです。 3鉢夏越えに挑戦して1鉢しか夏を超えられませんでした。 今年の神奈川の猛暑なら仕方ないところ。 超えた株は今年で4年目になります。 
      8月のシクラメン

D810 白点問題

 カメラレンズ用の天体カメラの候補として、D810をNPSに注文しています。 AF-Sレンズを用いたとき、PCでのライブビューピント出しはかなり使い勝手がいいと・・・・・となるとNF-EOS変換アダプターでEOS系の選択肢はありません。 D810と現有のDfを比較して、より天文適性が良い方に、IRブロックフィルター除去などの改造をかけようかと思っていました。
 ところがD810の白点問題です。 一様、Nikonとしては対策品を出すようですが、デバイスからの根本見直しではなく、調整とソフト的な対処のようです。 その対策により白点と間違われて微恒星が消えないか?・・・・・人身御供となり地雷を踏む勇気はKY博士にはありません。 諭吉さんが27人脱走するわけですから。 まぁ、一様比較テストはしてみるつもりですが、気持ちはDfを天文改造に固まりつつ・・・・

秋の日差し

   日差し
 まだまだ暑い日が続いていますが、出窓に日が入るようになりました。 日差しは確実に秋に向かっています。、

カメラレンズでの撮影準備

 カメラレンズでの写角には、面白い構図がたくさんありますが、KY博士は今までそれで撮ったことがほとんどありません。 撮影復帰時にはそれをレパートリーに加えようと、粛々とその準備をしています。 KY博士のレンズ財産はNikkorです。 それらの中で105㎜のMICROは多くの出番が期待されます。
 KY博士の天文改造カメラはセンサーの前には何もありません。 変なゴーストの発生を避けること、そしてセンサーをむき出しにした方が、ゴミ掃除が楽なことがその理由です。 そうなると機械的なフランジバックが同じでも光路長的なフランジバックが長くなってしまいます。 フランジバックが違っても近距離での撮影が考慮された写真レンズでは、望遠鏡と違って収差の点では問題ありません。 でも無限遠を超えてヘリコイドの回らないレンズでは星にピントが出ないことになります。 AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8Gは当然手持ちですが、このレンズはフィルター径が62㎜です。 天体写真でのフィルターワークを考えればフィルター径が52㎜を超えたレンズの利用は著しく制限されてしまいます。 となると一世代前のAi AF Micro Nikkor 105mm F2.8Dの出番になります。 これは52㎜のフィルターが使えます。 ところがこのレンズはEDではないのでピントが出ないことになります。 対策として、レンズとセンサーの間にガラスを挟み、フランジバックをもとに戻してやればOKです。 てっとり早くは市販のフィルターを挟むことになります。 暑さは1.5㎜以上あれば十分でしょう。
 と言うことでフィルターを買ってきました。 34㎜のKenko MC プロテクターです。 値段は、なっなっなんと一個100円です。 投げ売りです。 長い間売れなかったのでしょう。 パッケージが変色しています。 投げ売りワゴンに出ていた3個を全部買ってきました。
100円フルター

 フィルターガラスを外して、少し小さくなるようにやすりをかけ、レンズのおしりにセットします。 ピッタリです。 写真はわかりやすいように塗装前です。 これから黒の艶消しを塗って完成です。
レンズ光路長調整

皇帝ダリアの添え木

 今朝はやや涼しいということで、皇帝ダリアのそえ木作業を行いました。 添え木ではなく添え竹ですが。 まず竹を取ってきます。
   竹取り

 竹の高さは4m(先端は画面外)です。 11月の開花時にはこの高さになります。 今はまだまだその半分の高さにもなっていません。 9月末以降、涼しくて天気のよい日には1日10㎝も伸びます。
            棒立て

洗濯機

洗濯機
 KY博士の家の洗濯機です。 シャンプーや洗剤などのについている、シールがべたべたと。 特に理由はありません。

八つ当たり

 産経新聞のソウル支局長が、韓国の検察の事情聴取を受けたとか。 彼ら(朴・クネ大統領)の気に入らない記事をNetに載せたとか。 その記事も日本国内に載せたんですよ。 もう八つ当たり以外の何物でもないですね。 イスラム教を誹謗する本を書いたとかで勝手に外国の人に死刑判決をだして実行したのに等しいバカバカしい所業です。 これが自由を謳う近代国家なのかと。 もちろん記事にある程度の自制も必要でしょうが、今回の件は??????  もしかしたらこのブログもダメで呼び出されるかも? 旅費出しくれるなら行きますけど。 まぁ一日の訪問者が10名そこそこでは、そりゃないか? でもホントバカじゃないかと思える国です。 

マレフィセント

 遅ればせながら家内と観てきました。 映画館には我々を含めて5人・・・・この映画館大丈夫かいな?
 おとぎ話ですから、筋は無理無理ですが、楽しめました。 妖精が金属アレルギーなんて初めて知りました。 そうですね、ピアスもしてなかったし。 アレルギーを魔法で直せばいいのに。 またあそこまで頬骨を高くしなくてもよかった気がしますが。 オーロラ姫(エル・ファニング)姫、超美少女ではなくそれなりの可愛さもよかったですよ。 笑顔ですべてを引き込む、この映画で一番の悪人かもです。 テーマは何でしょうかね? 男女愛より母性愛? 家族愛? 今のアメリカの風潮でしょうか? まぁこの前のアナ雪、ゴジラもそうでしたし。 元々、デズニー映画にテーマを求める方が野暮なのかもしれません。

Uターンラッシュ

 東名高速の近くにKY博士の自宅はあります。 GW、お盆、正月連休のUターンラッシュの時の夕方は多くのヘリコプターが飛び交います。 高速の渋滞の報道です。 毎回、放送各社ワンパターンの取材です。 ヘリからの空撮が連休の行事化してて、飽きないのかなぁと思いますし、他に報道の手はないのでしょうか?

敗戦記念日

 昨日は敗戦記念日でした。 もし、二度と戦争をしない不戦を誓うなら、終戦記念日ではなく敗戦記念日として刻むべきです。 ただ、不戦を誓うのもだんだん難しくなってきました。 まぁ、せいぜいこちらからは仕掛けないことを誓うのがせいっぱいかと・・・・かつての戦争は何やかや言って経済的なメリットを求めての戦争でした。 植民地戦争、利権獲得戦争等々・・・しかしながら、今日戦争に経済的メリットはないと認識されつつあります。 中国はその認識に50年のずれがあるように思います。 いまどき中華帝国の再生を国の目標にするなどなど、時代錯誤もいい加減にせい、です。 今の中国政府も韓国も第二次大戦での戦勝国面をしていますが、戦勝国でも敗戦国でもありません。 蚊帳の外だったというのが正しい歴史認識。 一度そのどちらかにならないと理解できないのかもしれません。  どちらになっても得はないと・・・・・

横断幕

詐欺
 海老名駅に掲げられた横断幕です。 携帯での撮影でしかもかなりのトリミングなのであまり鮮明ではありませんが、振り込め詐欺の注意スローガンです。 確か、[電話かけてくる息子はサギ!?] だったかと。 いやいや振り込め詐欺とか関係なく、親にとって息子は詐欺師です。 何度騙されたことか? もちろん娘も同じ詐欺師です。 これ世の中の普通です。

チャイナリスク 独禁法

 中国がVWに300億円の罰金だとか。 修理部品が不当に高いとかが理由です。 日本でも輸入車の修理部品は国産に比べて割高です。 でもそんなもんだろうと。 それが嫌なら買わないだけです。 でも中国の考えはそうではないようです。 まぁ明らかに国内産業、この場合は中国製自動車の保護が目的でしょう。 独禁法でごたごた起こすより先に自らの自動車の品質を上げることの方が先のように思いますが。 次は当然日本の自動車メーカーがターゲットです。 予想外の行動(世界の常識外)に出るこれが中国、チャイナリスクです。

野辺山に行ってきました

野辺山
 天体撮影遠征をお休みしているため、KY博士の愛車ランクルは放置状態です。 でもあまりに長期にわたって放置しているとエンジンの調子が悪くなります。 ということで朝3時に起きて4時出発で野辺山まで行ってきました。 到着は7時前で気温17℃。 寒い。 さすがJRの駅最高地点の1345mです。 空気はもう秋です。 4時出発のためお盆渋滞には遭遇なしで、11時には帰ってきました。
  駅の塔の向こうに太陽があります。 塔で強い光を隠したつもりですが、20年前のズームレンズではコントラストが上がりません。

PENTAX 7×50 IR-F 

 PENTAXのファインダー 7×50 IR-Fは、他のファインダーとは一線を画す重厚な作りで名機と呼ぶにふさわしい物です。 ただ税別68,000円とあまりに高価格のため売れず、早々と廃版になってしまいました。 SDPの時代にも在庫分として売られていたのですが、カラーはそれ以前のSDHFの物です。 前々からSDPの鏡筒カラーに塗り替えたいと思っていましたが中々時間が取れずそのままでした。 今は撮影を一時やめているということで時間が取れ、15年来の懸案である再塗装を行いました。 125SDPと150SDPの色も微妙に違いますから、色合わせはせず手に入る中で最も近そうな色を選びました。 下は塗装前で元々は薄い緑のソリッド塗装です。
ファインダー分解

 SDPはメタリックとマイカの中間くらいの塗装がされています。 そんな都合のいいい塗料は売っていませんから、今回はマイカ塗装で我慢です。 マイカを吹き付けその上にクリアーを上塗りします。 乾燥後コンパウンドで磨いて完成です。 鏡筒に比べやや白っぽい感じはしますが、以前に比べれば格段に違和感はありません。
再塗装

朝日新聞 記事ねつ造

 現在の日韓関係の大きな問題の慰安婦問題の発端は、朝日新聞の記事にあったことは確かのようです。 元慰安婦、金学順さんが騙されて慰安婦にされたことは確かのようですが、その騙したのが日本軍であるかのように読める記事になっていたようです。 実際は金学順さんは彼女の身内に騙されて慰安婦にされたようです。 朝日の記者も当然それは知っていたのですが、そこにはあえて触れず騙され連行されたと。 連行したのが誰かということは、日本政府や韓国政府にとっては大きな問題でしょうか? このブログに以前書きましたが、騙したのが彼女の身内であろうと日本政府は謝るべきです。 なぜなら、当時の施政者は日本政府です。 子供を騙して人身売買のごとく売ったのが韓国人でもその責任は日本政府におあります。 当時の韓国人は日本国民です。 その人たちの人身売買などあってはならないという道徳教育の責任は施政者に、あるいは人身売買をやらなけれなばらないほど経済的に追い込んだとしてもその責任は施政者にあります。 そして、現在世界に向けて売春婦を輸出?している韓国政府はその道徳教育の責任を負うべきです。

厚木の花火

14花火
 昨夜は厚木市のあゆ祭りの花火大会です。 初めて見る新作もあり、なかなかの見ごたえでした。 この花火が終わると暑さはまだまだですが、日の光になんとなく秋きが感じられるようになります。

暑い日が続きます

 まぁ、熱いですね。 でもなんとなく雲も多そうです。 天体一時離脱のKY博士は雲が多かろうが、精神的には安定しています。
 庭のブルベリーが色づいています。 油断すると美味しくなった食べごろを鳥に先を越されて食べられてしまいます。
      14ブルーべ

 一日分の収穫量です。 食べずに冷凍庫でためてジャムにする予定です。
      14収穫

プロフィール

KY博士

Author:KY博士
公開中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる