世界遺産

 富岡製糸工場跡が世界遺産に登録されるようです。 後が大変だと思いますよ。 建物ですから老朽化が進んでその維持費補修費が大変だと思います。 観光客にそれを出させようとの魂胆でしょうが、確かに最初の数年ならそれも可能だと思います。 ブームが去るのも早いと思いますよ。 登録前から観光地だった白川や富士山とはベースが違いますから。 その時、国に金の無心だけはやめてほしいですね。 沖縄から北海道の人に強制的にカンパさせるのに等しいわけですから。 次は長崎の軍艦島??? 先のことを考えているのでしょうかね? 登録するのは勝手だけど先々も地方の自己責任で・・・・・
スポンサーサイト

出かけられません

 新月期のGWだというのに、天気予報が悪く出かけられません。 20年前なら出かけたのでしょうが、分別の言う名の老いが・・・・そうさせないのでしょう。
 朴槿恵おばさん頑張りますね。 オバマさんに、慰安婦は人権侵害だと言わせましたね。 ちょっと論点がずれてますね。 問題は韓国が言う強制連行の慰安婦が歴史上あったのか、日本の主張のようになかったのかでもめてるわけです。韓国が言う通りなら、もちろん人権侵害ですよ。そんなの当り前です。 KY博士の見解は 2014-03-01 の書き込みの通りです。 その筋に沿ってさっさと謝ってしまえば・・・・ 

あすからGW

 明日からGW、当然KY博士も遠征のチャンスをうかがっています。 でも天候が不安定ですね。 とはいえ準備は怠りなく、車も洗車してピカピカに!!
14春洗車

晩春の花Ⅱ

 今日は初夏のような陽気です。 わが庭では一年で最も花の多い季節です。

白のモッコウバラです。 鉢植えのためか、黄色のそれほど勢いがありません。 その方が楽ではあります。
白モッコウ

ワイルドストロベリーの花です。 半ば野生化しています。 
ワイルドストロベリー

30年近くたっているヤマツツジです。 大きくもならない、枯れもしないで30年。
ヤマツツジ

寄せ植えのムスカリみたいな花です。 名前は不明です。 庭ではこの紫は目立ちます。
ムスカリ

ヒメウツギです。 名前は昨年、ここのコメントで教えてもらいました。
ヒメウツギ

スミレです。 一昨年亡くなった猫(ラリ)のお墓に植えてあります。 もちろん夏には夏の花を植えます。
スミレ

オダマキです。 種がこぼれて勝手に増えて野生化しています。
オダマキ

アゼリアです。 暑苦しそうな花です。
アゼリア

オリーブの木の下に生えているベコニアです。
14ベコニア

牡丹が満開です。 あと2、3日で花が終わります。
満開牡丹

晩春の花

14モッコウバラ
 モウコウバラがほぼ満開です。 毎年、鮮やかな黄色の花をたくさん咲かせます。 モッコウバラは虫も付きにくく育てやすいのですが、つるの管理が大変です。 ほっておくとどんどん大きくなり幹が自分の重さに耐えきれなくなります。

14牡丹
今年はボタンが多くの花を咲かせました。昨年の花が終わったころに根の周りに大量の腐葉土をすき込んだのが効いたのでしょうか?

三種
 左からブルーベリー、牡丹、モッコウバラ です。

スズラン14
 スズランです。

フラット撮影法

 KY博士のフラットは、撮影条件と同じです。 すなわち同露出時間、同カメラ温度です。 したがって、遠征時に撮影後の片付けしながらフラットを撮ることになります。 フラット画像の濃度は撮影バックグラウンドと同程度かやや明るくが基本です。 こうすることにより、光学系の不均一さと、撮像素子のピクセル間ばらつきをある程度補正することができます。 そのためには空と同じ明るさの照明が必要になります。 照明と言っても暗いですが。 また場所により、その日の条件により、空の色が変わります。それもなるべく合わせます。 さらに条件があえば、ダークノイズ減算を省くことができます。 ダーク減算はノイズを増やします。 たとえば12枚の撮像コンポジットから12枚のダークコンポジットデータを引くと6枚のコンポジットのノイズと同じになり、コンポジット効果が半分になります。 フラットのための偽空発生の装置は、ここのDIARY 2010年6月20日と2013年4月5日の記事を見てください。

早々と

14水着
 近所のスーパーに水着が1コーナーですが、並びました。 まだまだ朝晩は寒いのにここだけは初夏です。 昨年より1週間早い???

これで最後

最後
 最後の更新プログラムをインストールして終わりです。 後はオフラインで頑張ってもらいます。 ピクトロはXPで、しかもシングルCPUでないと動かない・・・

Nikon Df の天体写真特性 Ⅱ

AF MF

 前の記事の追加です。 左はアルクトゥルスでNikon Df のAFによりピントを合わせたF2.8開放のものです。 ピントのばらつきがあり、これは中間的なものです。 中は同じくAFですが、F4にしてあります。 右はCamera Control Pro 2 により、ライブビューでMF的に合わせたものです。 やっぱりAFはダメじゃん とみるか? KY博士は逆にAFは使えるじゃんです。 開放で写すことはまずありません。 像の安定を狙うなら一絞り絞るのは当然です。 特にNikon Dfのように高感度に余裕のあるカメラではなおさらです。 パソコンなど使わない気軽な星野写真ならAFで二絞りです。 
 もし、ローパスやIRブロックを取り去った天体改造カメラではあきらめてライブビューで合わせるしかありません。 この時AF-Sレンズなら、パソコン上からピントを動かすことができます。 これはきわめて便利な機能ではまりそうです。

Nikon Df 天体写真特性

 Nikon Df の天体写真特性を調べています。 まずは星に対しAFが反応するか? 下はアルクトゥールスに対してのテスト結果です。 うん、そこそこあっています。 1等星クラスには十分反応しています。 暗い星は6等星です。 一コマは全体をA3にプリントした時の10×8mmのエリアです。 レンズはAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G の解放の結果です。 まぁ贅沢をいえばまだまだなのでしょうが、一絞り絞れば十分な精度です。 むろん天体改造したカメラには使えません。 ノーマル機での簡便なピント合わせ法です。 AF感度はあくまでも感じですが、やはりフラグシップ機よりは劣るようです。 D4と同じ画質が半分の値段と半分の重さで手に入るわけですから、全てがD4と同じというわけにはいきません。

1アルクトゥールス 105

ついにその日がやってきます

 後、3日でWindowsXPのサポートが終了します。 KY博士もXPを今日まで使っていました。 でも仕事上で何かあったとき、周りの蔑みの笑いには耐えられません。 ということで無線ランのスイッチを切りました。 でもでもまだまだ、オフラインで遠征時のカメラコントロールなどには頑張ってもらいます。
 なお、先日発売のステナビ10はXPに対応してません。
その日が

望遠鏡機材を車からか降ろしました

 帰還
 この新月も天候が悪く、出かけられませんでした。 今年はまだ一度も遠征がありません。 これからは湿度の管理が車の中では難しく、定位置??に戻ってきました。 最近は車の中が定位置かも??

 ステナビ10
 ステラナビゲータ10が送られてきました。 タイトル画面のM31は私のもので、そこそこの原稿料をいただき、NikonDfの一部にしました。

春の花第二弾

 春の花の第二弾のつぼみが膨らんできました。

モッコウバラ
 モッコウバラのつぼみがたくさんついています。後二週間で満開になるでしょう。

 ボタン
 ボタンのつぼみです。今年は10個ほどつぼみをつけました。

ドウダン
 ドウダンツツジです。 

クレマチス
 クレマチスです。 10年以上手入れもしないのに咲き続けています。

ブルーベリー
 ブルーベリーの花のつぼみです。 初夏にはたくさんの実を食べたることが出来るでしょう。

シクラメン近況

シクラメン4月
 4月の入りシクラメンのつぼみがなくなりました。 後は花が少なくなるだけです。 真ん中の濃いピンクのシクラメンは今年で3年目で葉のまわりが40cmを越え巨大化してきました。 

日韓関係

 オバマ大統領の仲介にもかかわらず、うまく行きそうにないですね。 まぁ1000年たっても忘れないというのだから、これは無理そうです。 でも日韓関係がうまく行かないからといって我々庶民にはなんの関係もないでしょう。 経済的なつながりは政治とか関係ないベクトルで動いているし。 韓国のために円高に誘導するなんて全く筋違いだし。 KY博士は別に政府間は冷えたままでもいいんじゃないかと。 半島有事のときどうするかは、その時の韓国の要望も含めて判断すればすむこと。 今はほっておくのが一番かと。

アナと雪の女王

 観てきました。 まぁミュージカル仕立てですから、筋が貧弱なのは当然です。 画像もきれいでよくできた映画だとは思います。 ただ妙に音を強調したシアターサウンドが好みではないKY博士は???・・・映画館と言えどもミュージカルの時はハイファイサウンドのほうがいいのではと思います。 

次期システム発注

 Canon1Dxもそろそろ飽きてきたし、次のカメラを・・・・ここは市販イチデジの最高画素数を誇るD800にせねばと。 どうせローパスは取るのだから800Eである必要はなし。 最高感度は1DxのISO8000は到底無理でせいぜい800くらいかと。 じっくり時間をかけて撮りたいカメラです。組み合わせるレンズは超望遠のマクロレンズといわれる AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR を選択しました。 電子絞りのEレンズは、絞りが無通電状態のときの開放なのもうれしい。
プロフィール

KY博士

Author:KY博士
公開中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる