大晦日

 いよいよ13年も終わります。 KY博士の印象としては、特定アジアの反日と平和と友好と言う幻想では国が運営できないことを知らされた年ではないかと。

13初氷
 大晦日は寒い朝で始まりました。 犬のお茶碗に初氷です。 まだまだ薄い氷です。 日中は掃除と片づけです。

13大晦日
 夜は、家族は紅白ですが、こちらはJAZZです。 大晦日の夜に選んだ1枚は本田竹広の『ふるさと』です。 なくなる2年前のアルバムです。 1974年の力強い『SALAAM SALAAM』とは違い、奥深いピアノの音です。
 CDプレーヤーは1987年製SONY 557ESD、アンプは1992年製Pioneer A-09、それがJBL4428を鳴らします。 
スポンサーサイト

フラット処理

 フラット処理もダーク処理と同じくランダムの除去をすることは出来ません。 ただこれはしないというわけにはいきません。 特にデジカメでは低照度域の色の客観性を保つには不可欠と思っています。 さらにうまくそれを行えば、各ピクセルの微妙な感度バラツキすなわちピクセルの個性をキャンセルすることが出来ます。 そのためにはフラットは、撮影と同じISO、同じ露出時間で、同じ濃度である必要があります。 さらに贅沢を言えば、同じ色見のほうが後の処理が楽になります。
 先の魔女の横顔星雲は4コマモザイクですが、1コマは30コマのコンポジットです。 これを例に説明します。
 30コマは、5コマが1セットで全く位置はずれていません。 そしてセット間は10ピクセル程度位置がずれています。 これが6セットで計30枚の4コマモザイクです。 フラットは各セット共通で10コマのコンポジットです。 5コマのコンポジットに対してこのフラットを用います。 セットごと位置がずれていることからフラットの枚数を節約することが出来ます。  

ダーク処理

 KY博士は最近ダーク処理はやっていません。 低照度域のなめらかさ追求のためです。 ??と思われる方も多いとは思いますが、ダーク減算は異常ピクセルの除去は出来ますが、ランダムノイズを取ることはできません。 例えば撮影が12コマ、ダークが12コマと同じ場合を考えます。 当然ダーク電流起因のランダムのノイズは同じです。 実際はそうでもないのですが、それが前提です。 ダーク減算をするとノイズは1.41倍に増えてしまいます。 12枚のコンポジットした効果が6枚の効果と同じになります。 これは時間と手間の無駄です。 もちろんダークを12枚ではなくもっと多くしたら悪影響は当然少なくはなりますが、その効果は24枚にしたところで大きくありません。 不良ピクセル起因のノイズ除去したいなら、レタッチのほうが遥かに簡単で、しかも画像悪化はありません。 これはKY博士のカメラでは不要ということで、他のデジカメラや冷却CCDで不必要かは分かりません。 ダーク減算でバックグラウンドが荒れたとしてもそれをやらざる得ないこともあるでしょう。 ただ、ダーク減算はノイズ的にはすればそれが増えるのは仕方ないことで、ひっくり返すことは出来ません。

靖国神社参拝

 首相が参拝しましたね。 意味は何でしょう? 他国が理由が頓珍漢にせよ嫌がることをやって?? 日本国内向けなパフォーマンスとしても、パフォーマンスの目的も不明で、また今がそれを示さなければならないタイミングでしょうか? 私的な心の問題だというなら、夜中にチャリで行って黙ってればすむことだし。 一国の指導者はすべての行動にわかりやすい理由があるべきですが、今回は理由が全くわかりません。 KY博士は参拝に反対しているわけではありません。 将来、中国人が不法(日本から見て)に尖閣上陸した日に参拝するとかなら、理由はわかりやすく明らかです。 せっかくのカードを安易に切ってしまったように思えます。 まぁカードといってもそれがカードだと思うのは一部の人で、大部分の国民は特定アジアの中韓が文句言う理由も、首相がこだわる理由も[分かっているけどどうでもいいや]が本音では?

大山 初冠雪?

初冠雪
 丹沢の大山が多分初冠雪です。 いよいよ冬本番です。

皇帝ダリアの始末

皇帝ダリア解体
 年末の庭仕事の始めとして、皇帝ダリアを伐採?始末しました。 伐採後、高さを測ったら4.3mでした。 幹は短く切ってゴミに出します。 例年この幹を土に植えて苗を作りますが、苗が欲しい人もいないので・・・・

魔女の横顔星雲を入れ替えました

 撮影は4コマモザイクですが、それにしては星像がでかいかと。 あまりに小さな星像では見栄えがしないものですから、処理で少し膨らましていました。 若干その膨らまし方を少なくしてすっきりさせました。 プリント用データとしては膨らました以前のものを使っています。

初霜柱

初霜柱
 今朝は冷え込みました。 家のまわりはまだですが、畑では初霜柱が見られました。 

IC2118をアップ

魔女横
 久しぶりの天体写真アップです。 なかなかええです。 左は2008年のEOS1DⅢによるもの。 右が今回の1DXです。 フラットの撮影、撮影時のピクセルずらし、カメラ冷却など腕の進歩ももちろんあるでしょうが、撮影デバイスの進歩の方が大きい様な気がします。 EOS1DⅢではここまで出ない気がします。 ここまで写るなら、冷却CCDに移行しなくても・・・と思います。

牛わっぱ
 そして今日のお昼の買い弁はこれ! 美味かった・・・・でも1155円。 今日ちょっと贅沢しました。

たこのページますます充実

 KY博士は気に入った天体写真が撮れたときはアマチュア天文雑誌のフォトコンに送っています。 まぁ年に1~2回ですが。 今回もM45付近を送ったのですが、不採択でした。 理由は分かっていますが、まぁ向こうのあることですから。 ということでたこのページがますます充実しています。
http://astronomicalimage.web.fc2.com/hpb/STARTOWN/info/hpb/STARTOWN/info/9fusaiyoumap.html

再び西臼へ

再びの西臼
 再び西臼へ行ってきました。 でもごらんのように曇られました。 こればかりはどうしようもありません。

防空識別圏

 やはりというか予想通り米国は中国の防空識別圏を認めない黙認する方向のようです。 そりゃそうでしょうそれが、米国の国益にかなっています。 本来、これは日本と中国の問題ですが、日本には外交権がないことが明らかになった次第です。 所詮日米同盟とか言っても、向こうは日本のためとは思ってないでしょう。 もちろん日本も同じはずです。 さてどうすべきか・・・・国力(軍事力ではありません)を高めて、向こうが崩壊するのをじっと待つ。 元々建国しては崩壊するのが中国三千年の歴史ですから・・・あと100年も待てば・・・いやいやもっと早いかも・・・

本日の買い弁

12買い弁
 今日はお弁当がなく、新宿で買い弁です。 おなじみシュウマイ弁当。 ちょっと味付けが辛い(塩気)ような気もしますが、毎日食べる訳でもないのでよしとしましょう。

西臼へ行ってきました。

1311西臼
 天気がいいし、新月期ということで西臼塚へ行ってきました。 気温はー7℃で真冬の西臼に比べれば暖かいほうです。 
 そして猫がいました。 大きさからいって、1才以下だと思います。 捨て猫にほぼ間違いありませんが、ここにいては餌もないし冬を越すのは難しいでしょう。 猫を捨てるのはもちろんダメですが、こんなところに捨てるのはどんな考えを持った人か想像できません。 人ではないのかも。 呼んでみましたが、逃げていきます。 そりゃそうでしょう。 人間不信になって当然です。
プロフィール

KY博士

Author:KY博士
公開中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる