山茶花の剪定

 今日は山茶花の剪定です。 山茶花の剪定で厄介なのはチャドク蛾です。 今年は早めにオルトランを撒いておいたので、今年の幼虫はいません。 しかし昨年発生して殺虫剤で殺した幼虫がところどころにへばりついています。 昨年の死骸でも十分にかぶれます。 
 初夏の剪定も残り少くなくなりました。 あと1日の作業で終わります。 
13山茶花前
13山茶花後
スポンサーサイト

ヒメシャラの剪定 芝刈り

 梅雨の晴れ間といってももともと空梅雨気味ですが、ヒメシャラの剪定をしました。 昨年までは全体を透かせるようにきりましたが、今年は雲がかかってようなイメージで・・・・
13ヒメシャラス前
13ヒメシャラ後


 芝も今年初めての刈り込みです。 もっと早くやりたかったのですが、ねじり草の花が終わってからにしました。
13芝前
13芝後

今日の買い弁

買い弁
 小田急のデパ地下で買い弁です。 ホテルオークラのキノコソースのオムライス。 おいしいことは間違いないですが、値段の1050円に見合うかというと微妙。 セブンイレブンと値段差、すなわちコストパフォーマンスがあるか???? まぁこれは弁当に限らずすべての製品についていえること。 日本の軽四とドイツ・ポルシェとの差。 性能に圧倒的な差があるのは確かだが、パトカーよりは速く走れないという条件下では値段分の差がないことは確か。 1万円のコンデジと8万のkissの差の大きさは、Kissと1DXの差より大きい。 システムで100万と300万のオーデォオの差、わからんでしょうね・・・好き好きはあるかも。
 天体望遠鏡はどうですかね? 結果に一番差が出るとことに、言い換えれば自分のシステムで一番弱いところにお金を使う・・・・これがなかなかできません。 まぁ遊びですから思い入れでお金使うのもありかと。

朝食

ミスド
 朝早くから打ち合わせなどが入っているときは、家をより早めに出て職場の近くのミスドで・・・・この日は星型のドーナツ・・・・カルピス味、天文ファンとしては食べなくちゃ・・・

ヒメコブシの剪定

こぶし前
こぶし後

 今日はヒメコブシです。 この剪定は簡単で1時間ほどで終わります。  胴ぶきの強い木ですから、どんどん切れます。

世界遺産

世界遺産
 富士山が世界遺産になってしまいました。 人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を持つ物件 と言うことからは当然登録されてしかるべきだと思いますが、なぜ登録されなければならないのでしょう。 登録されなくてもその価値に変わりはありません。 登録された後は入山を厳しく制限し保全に勤めるならその意味は分かりますが、地元はそんなことは考えていないでしょう。 この商機を逃さず儲けようと欲の面がつっぱっています。 あの時で富士山は死んだんだと100年後に言われないように・・うん、その心配はないかな。 噴火してゴミやみっともないお土産物屋を全て隠してくれるかも。

追)今年のマイカー規制は大幅に強化されています。 平成25年7月12日(金)17:00-平成25年9月1日(月)17:00 の連続52日間・・・・・来年はもっと強化されるでしょう。 まぁ天体撮影ポイントとしては終わったということか?

誕生日?父の日?

 KY博士の誕生日、まだだけどもう少しで前期高齢者ゲット??? と言うことで娘夫婦から、KY博士扇子を貰いました。 かばんの中にはいつもヨドバシウチワが入っていますが、今日からKY博士扇子に・・・
KY博士
扇子

あれれ・・・・

 富士山の入山料を取ることが検討されているとか? まぁ世界遺産で観光客が押し寄せることの対策だとか? 押し寄せて困るなら登録などしなければいいのに・・・・・何やかや言って、だれかとは言いませんが、一番儲かる落としどころはどこか探っているような・・・・・素直に見れないKY博士です。
 とはいえ天文野郎には今回の登録はいい方向には向かないことは確実のようで・・・
 

世も末だよ

 記者にiPhone使った「撮影研修」 米紙、カメラマン全員解雇で・・・・

 アホか!!  まぁ、世間がその程度の映像しか求めないのが一番の原因だけど。 オーディオもそう。 こちらは既に崩壊してるけど。 iPadやスマホからの音で世間が満足するなら、何も重厚長大なオーディオシステムはいらないからね。 Appleは文化の創造ではなく破壊しかしてないような気がするのはKY博士だけか? 後に残るのは軽薄な文化と一面的な情報だけで判断し何も考えない、あえて言う、人民。 まぁ施政者や官僚が望む形かな? まぁそれはそれでも良いけど議員・官僚も軽薄になってるような・・・復興庁幹部職員のツイッタ―における不適切発言など、超軽アホの極み。

スイリュウヒバの剪定

 二日がかりでスイリュウヒバの剪定をしました。 毎年1回はしないと樹形が保てません。 

始まり
 木の高さは3m程です。 てっぺんの剪定はちと怖い高さになります。

水剪定前
 一枝の拡大です。 一年でぼうぼうになります。

縦の葉
 写真には手を広げて立てたような葉が残っていますが、これは落とします。 幽霊が指先を下げたような横になって下がった葉を選んで残します。 また横に伸びたり、内側を向いた葉も落とします。 したがって刈り込み鋏でちょんちょん切るわけには行きません。 一枝一枝、葉の一枚一枚の剪定でとても時間のかかる作業です。 植木屋さんに頼むと刈り込んで終わりです。 

すっきり
 仕上がりです。 すっきりしました。

史上最恐の天文グッズ

 これ以上の天文グッズが過去に存在しただろうか? 今まではせいぜい星座の絵のある鉛筆や傘。 これは星雲(何かは不明)のプリントのブラ&ショーツ。 訳のわからないメーカーからではない。 最大手のWacoalから発売。 宙ガールの方、impressionを期待。 特に着用と晴天率のとの関係で・・・・・
あららs

恒例

テニスの後は
 梅雨の晴れ間の午前中はテニスです。 日差しはないけど、蒸し暑さはやはり梅雨。 終わったとのチューハイのためには蒸し暑さは歓迎です。 ちくわで・・・・超幸せ

これは凄い

 今日、京都で行われたVLSI SYMPOSIUMで、パナソニックと富士フイルムから発表された[Thin Organic Photoconductive Film Image Sensors]は超凄い・・・・従来の60dBから80dBにダイナミックレンジを拡大、要するにより多くの電子を貯めることができるということ。 たとえばKODAKのKAI-29050や8050が5.5μmピクセルで20,000電子しか貯められないのに、3μmピクセルで77,000電子が貯められる。 まだ暗電流など開発途上の感はあるもののその素質は疑いの余地はない。 3μmピクセルでISO 10,000越えも夢ではない。 いずれにしてもCCDの時代は確実に終わろうとしている。

名称未設定 1

要対策

 結構いい線行ってるジャンと思い、久しぶりに出したフォトコンが不採択でした。  M81 M82付近です。 不採択ですからレベルがそれに達してない、、当然、対策採らなくては・・・・とは言えこれ以上のクオリティーアップは今の機材では難しい。 さぁ、どうする・・・梅雨の間の課題です。

今日の剪定

ヤマモモ13
 今日はヤマモモの剪定です。 まだ時期はちょっと早いのですが、この自分にやると電気虫(イラガの幼虫)がいなくて安心して作業が進みます。 昨年強剪定をしたので樹勢が今一です。 今年も強めの剪定です。 二年わたる剪定で木の大きさがかなり小さくなりました。 来年は剪定を軽めにして木を元気にします。

AKB総選挙・・・・日本はつくづく平和だと思う・・・まぁ、いいかっ!!

マキの剪定

なかなか雨が来ません。 マキの剪定は雨の時がいいのですが、待てません。 一年ぶりの剪定ですっきりしました。
マキ前13
マキ後13

 芝の中にねじりんぼが出てきました。 今年は数が少ない、なぜでしょう。 
ねじりんぼ13

 ヒメシャラの花が落ちています。 雨で濡れた芝の上に落ちれば風情があるのですが、今年は空梅雨??
落花

やっと見つけた


 KY博士のお気に入りの懐中電灯は近所のスーパーで買ったFUJITEUのものです。 アルミボディーのしっかりした作りです。 かつての天文の定番と言えばMAGLITEですが、これは球切れが、特に充電式電池を使ったときの球切れが早いのが欠点です。 それに対しこれは玉寿命が長い。 しかし切れないわけではなく、買い置きの球が残り1個になっていました。 近所のスーパーも今は取り扱っておらず、またNetで購入するほどでもなく、秋葉などに寄ったとき漫然と探していました。 先日やっと見つけました。 4個購入、ストック5個、これであと5年は大丈夫です。
 最近はLEDのものが多く消費電力も少なく便利なのですが、天文にはどうでしょう?? やはりタングステンランプのほうが見やすいし、LEDのように虫が寄ってくることもないし。 と言うことでKY博士の今使っている懐中電灯は全て旧来のものです。
プロフィール

KY博士

Author:KY博士
公開中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる