今年はすごい

今年はすごい
 ここにもたびたび出るモッコウバラですが、今年の花つきはすごい。葉が隠れてしまうくらいの花の密度です。ご近所の同じ種類のモッコウバラも同様の花つきですから天候のせいなのでしょう。
スポンサーサイト

庭作り

庭作り3
庭作り
 駐車スペース確保のため庭が少し狭くなりました。 初夏の暑さの中、造作をしました。 生垣ぽく配置した木はプリペットです。 びっしりした生垣ではなく、透け透けの生垣を目指します。 レンガは並べただけです。 少し地面が固まってからセメントで固定します。

日食準備

日食準備1
日食準備2
 わが町は金冠日食帯のほぼ中心です。 KY博士はあまり興味がありませんし、撮影などまったくする気がありません。 黒い紙の上に輪ゴムをおいての撮影と変わるかな(^_^;) とは言うものの要望の多い日食フィルムを作りました。 モノクロフィルムで作ります。 久しぶりにフィルム現像しました。 乾燥は風呂場です。 これをペーパーマウントに貼り付けて配ります。
 天文ガイドの付録の日食めがねは暗すぎませんかね。まん丸の太陽見るにはちょうどいい暗さですが、金冠時にはやや暗そう・・・ということで少し明るくしました。 

*)カラーフィルムの端っこの黒いところでで代用してはいけません。 カラーフィルムは色素で赤外はそこそこ透ってしまいます。 白黒フィルムは銀粒子で赤外も可視域も同じように減光します。 
  日食ではなく日蝕ですよね。

満開

満開
 モッコウバラとボタンが満開です。 ボタンの満開といっても花が3つでつぼみが一つですが。 モッコウバラは連休中が見ごろです。

ヤマツツジ

ヤマツツジ
 ヤマツツジが咲き始めました。 今年はやはり少し開花が遅れているようです。 このヤマツツジはここに植えてから30年近くになります。 野生では1000年を越えるのものあるそうですから30年などまだまだ子供です。 大きくもならないし枯れもしないで毎年花を咲かせます。 大きくなれないのは、元々が野生種ですから養分の多い庭の土が向いてないのかもしれません。 
 
 しかし天体写真のホームページ/ブログでありながら天文ねたがありません。 ということで無理やりの天文ねたです。 望遠鏡機材を入れる小屋を新調しました。 古い二つの小屋を統合大きくし一つにしました。 二つの小屋からゴミも含めて全て移動、古い小屋は解体です。 機材といってもガラクタが多く、このGWに整理、不要なものを始末する予定です。 天文機材小屋としては昭和62年以来の更新です。
新物置

初夏の陽気

牡丹
 暖かいを通り越して暑いくらいの陽気です。 今年も庭の牡丹が咲きました。 肥料もろくにやらないのに毎年きれいな花を咲かせます。
ブルーベリー
 こちらはブルーベリーの花です。 たくさん実をつけそうな予感です。

モッコウバラ開花

開花
 今日は暖かい(暑い)一日でした。 モッコウバラがやっと開花しました。 昨年は16日、一昨年は11日の開花です。 んっ??温暖化??

機材を降ろしました

冬眠?
 11/10/23以来、長らく車に積みっぱなしだった機材を降ろして、部屋に上げました。 これから梅雨明けまで冬眠?です。 その間に整備をして、新カメラを導入して、夏~秋の散光星雲に備えます。

春の雲

春じゃな
 世間では穏やかな春というのでしょうが、天文屋さん的にはすっきりしない生殺し的な天気が続いています。 チベット高原で湧いた雲がそのままの緯度で次から次へと流れてきます。 雲と雲の間にも何となく薄雲があるのがわかります。 台湾、小笠原より低緯度地域はピーカンです。 このピーカン大気が日本を覆うのは梅雨明けでしょうか?  長い機材整備のシーズンになりそうな予感(>_<)

花、花、花・・・・

 庭は最も花の多い時期です。花花花です。 上からカイドウ、アセビ、ドウダンツツジ、クリスマスローズ、ハーデンベルギア、水仙、菫寄植え、マーガレット寄植え、最後はシクラメンです。 
 シクラメンは花芽もなくこのが終われば休眠作業に入ります。11月から6ヶ月にわたり楽しませてれくれました。 これらの花が終われば、モッコウバラなどの初夏の花にバトンタッチです。

カイドウ
アセビ
ドウダン
ローズ
ベルギア
水仙
菫
アーガレット
シクラメン4月

Northern Lightsの写真をアップしました

 DIARYのNorthern Lightsの写真を大きくしたものともう1枚をアップしました。 次はもっと極に近づき魚眼で狙うのもいいかと・・・・とは言っても次の予定があるわけではなく、もう来ないかも・・・・
 やっぱりEOS1DXの発売が6月中旬に延期になりました。 それも決まったわけではなく予定が延期ともうわけのわからない状態です。

EOS1DX発売再延期

  あらら・・・・最初は3月末だったのが4月下旬になり、今最も新しい噂では6月中旬に・・・・理由にも色々の噂が、ソフトのバグ問題だとか、D4に対して見劣りするところを直してるとか、予約が多すぎるとか、まぁ、こちらはどうせ梅雨明けに間に合えばいいのだからゆっくり固めて届けてくれればOK・・・・その間に貯金が進み1DⅢを手放さなくてもいいかも・・・・明るい写真レンズ専用で使おうかな・・・必ずしも明るいとは言えないけど UV-Nikkorなども面白そう・・・・

Northern Lights

キルナ

 春とはいえまだまだ極寒のキルナの northern lightsです。 星雲星団に比べれば簡単なもんよと、高を括っていましたが、結構難しい。 二三日の滞在で撮れるほど甘くはないようです。
 画面中央やや左の沈みかけている星は木星です。

どどど~んと

 今のシステム、性能には全く不満はありませんが、ややでなくてかなり重いのが欠点です。 そこで腰にやさしいシステムを組むべくどど~んと注文しちゃいました。
 赤道儀はEM400です。 これも重いが今のに比べれば羽根布団です。 光学系は新発売のCanonの600mmF4と同500mmF4です。 どちらかが撮影系、片方がガイド系になります。 メーカー発表のMTF曲線、上に貼りついてもうたまりません。 これ以上の性能は眼視でもしなければ必要ありません。 解像度コントラストとも◎。 500mmは5月に入荷、600mmは地震のせいで梅雨明けでしょうか? 筒の重さは二つ合わせて8kgです。 これで今と同じ12.5cmと15cm鏡筒ですから、ウヒャー。 今日は4月1日でしたね。
 とか昨年に書いたのですが、Canonの500、600は、まだ発売になりません。 確か最初のアナウンスは2010年12月だったような記憶が、その後2011年6月になり、12月になり、2012年の5月です。 こうも延び延びじゃ買う気力もうせます。
プロフィール

KY博士

Author:KY博士
公開中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる