消費税10%

 いよいよやる気ですね…消費税の10%化 (>_<)  KY博士はあまりお酒は飲みません。嫌いじゃないけど弱いだけです。350mlのビールがあれば十分に気分が明るくなります。350mlは190円くらいでしょうか?その中の酒税は87.5円ではないかと。腹が立つのはこの 190円ー87.5円の約100円に対して消費税がつくのではなく、酒税込の190円に対して5%の消費税がつくのです。税金に税金がつくということです。それが10%だと・・・ムカ 
 以前にも書きましたが、国民総所得の50%以上が国家予算です。所得税+地方税+消費税だけではないのです。この酒税とか、石油、ガソリンも同じです。それらの税金があった上にかけ率で消費税がつきます。さまざまなところに巧妙に税を忍ばせています。江戸時代はもちろん飢饉のときなど非常事態はあったでしょうが、平均して税率は40%程度だったはずです。平成の時代のほうがよっぽ税率は高いのです。
 政治家や官僚が自分の懐に入れるわけではありません。一人や二人そんな不届き者がいたとしてもたかが知れています。年金財源が足りない、医療費が足りない、それも事実でしょう。KY博士は提案します。消費税はきっちり40%です。そのかわり、所得税、地方税、隠れ税も全廃です。それできっちり運営してもらいましょう。今の国の仕組みの基本は、金持ちから税金を取り上げて貧乏人に配ることです。こんな仕組み未来永劫続くはずがありません。世界中のほとんどの国が財政赤字です。この仕組みが破たんする時期が近づいてのでしょう。  
スポンサーサイト

入梅してしまいました

しずく
 しばらく天文は冬眠?です。いつもは車に積んである、機材も部屋の中です。次の新月は7月頭ですが、まだ梅雨の真っ最中でしょう。7月末から8月頭の新月期までゆっくり休みます。

 また総理が暴走していますね。自然エネルギー比率を20%越えにとか、勝手にぶち上げてエエ格好しています。KY博士は20%は当たり前、30%でもいいくらいだともいますが。ただ、彼はどこでそれを議論したのでしょうか?20%にするには、かなりの財政的痛み、すなわち国民負担が強いられます。デメリットも十分に議論して国の方向を決めるべきなのに。彼の言う政治主導は彼が思いついたことを勝手にやっていいという意味ではないはずです。それならどこかの独裁国家となんら変わりありません。何の根拠もなく、最低でも県外と言った前総理と同じですかね。尖閣では、ゴロつき船長を超法規的に釈放するし。どうもあの党はあぶなっかしいですね。
 まぁもっともそんなことですから、世界も相手にはしていませんね。訪米も9月以降に先送りだし。アメリカもそこまで今の政権が持つとは思ってないのでしょう。基地問題にしても向こうが聞きたいのは日本の方針で管総理の個人見解ではないですからね。

海水注入 再臨界

 言ったとか言わないとか、指示したとか指示しないとかどうでもいいようなことが議論されていますね。地震も、津波も、放射能汚染も、もっと言えばアホな総理を選んでしまったことも、起きたことはしょうがない。今後どうするかを議論すべきなのに・・・・野党にも先のビジョンがないから、過ぎたことをウジウジ蒸し返しているとしか思われませんぞ。与党も野党も、総理を引きずりおろしたいなら、過去の失敗をネタにするより、先のビジョンを示し、それには、あなたは不向きですとやらなければ…
 
 でも一番の原因は現場のだらしなさです。危機にあるときに本社の意向を聞いたり、ましてや内閣の指示を待ったりすること自体が変ですよ。アホ学者が何と言おうとも、一番知っているのは現場だと・・・・その気概が一度も見えない・・・その体質こそ今後の問題ですよ。中部電力も関電も大丈夫かいな。金出せ、人出せ、口出すな・・・かつての現場はそんな人の集まりでした。

追) その後の記事で、所長の判断で海水は中断することなく続けられてたとか?もしそれが本当なら、[これでいいのだ]

EGBERTO GISMONTI

ジスモンティ
 Egberto GismontiのCDが届きました。これのレコードを、私のオーデォオのチューニングに用いました。これが好みの音でなるように、あぁでもないこれでもないと・・・とは言ってもスピーカーの高さ、後ろの壁からの距離くらいしか調整しろはありませんが。アンプを買い換えたり、スピーカーを取り換えて調整するにはとてもとてもお小遣いが追いつきません。あぁ、カートリッジは色々取り換えましたね・・・このCDを買ったのは再調整のためではありません。単にレコードをかけるのが面倒になったから・・(-_-;)
 Egberto Gismontiはブラジル人の多彩なアーチストです。レーベルはECMです。ECMと言えばKeith Jarettですが、個人的にはGismontiのほうがよりECMサウンドに向いていると思っています。 

プリンター

 ここの記事2008.06.22でプリンターの比較をやりました。3年経ってどのくらいプリンターが進化したか猫の写真で比べてみました。世代的には3年で2世代の更新です。

ラリ

 この元写真はフルサイズ2400万画素で十分な画素数があります。この猫をA4にプリントします。A4で見る限りは大きな差は感じません。そしてプリントされたものを顕微鏡で拡大撮影します。

猫目

 左目の上辺りです。上がKY博士のプリンター、下が某社の最新型のジェットプリンターです。なんとなく立体感に差があります。下はチューニングすればもう少し良くなるかも知れません。

猫目2
 
 さらに拡大してみました。差は歴然です。中間はそこそこ行ってますが、明るい所と暗いところに大きな差があります。KY博士のプリンターのメーカーとしてのサービスは終了しています。故障すればそれで終わりです。専用の紙も販売は終っており、我が家の冷蔵庫の2年分のストックで最後です。それまでにジェットプリンターが追いつくでしょうか?FUJIの昇華型なら同等なのでしょうが、こちらはプリントサイズがA4までになります。とは言うものの、ジェットプリンターも3年前に比べれば遥かに良くなっています。期待大です。

続きを読む

メルトダウン…いいじゃありませんか

 ウラン燃料はたぶんウランの酸化物ウラニアです。融点は2700℃くらいです。それが融ける前に被覆管のジルカアロイの融点の1800℃か来てしまいます。1800度になる前にボロボロになって崩れてしまいそうですが。では1800℃を超えたら、溶けてどろどろになるか?なりません。ジルコニウムはすぐに酸化してジルコニアになって融点が上がります。融点は2700℃を超えるでしょう。ジルコニアのきれいな結晶はジルコンと呼ばれてダイヤモンドのイミテーションです。ちゃんと作れば素人にはダイヤとの区別はつきません。それでも温度が上がり、ウラニアもジルコニアも溶けてどろどろなら、周りを溶かします。最初は隔壁の鉄でしょう。ウラニア・ジルコニアが融ける前に鉄は溶けますが。次はセメント、次は地面。ただし溶かし続けるということはありません。当たり前ですが、まわりを溶かすということは自分もどんどん希釈されることになります。決して永久に溶かし続けるなんてことにはなりません。希釈されて冷えてしまいます。チャイナシンドロームの地球の裏側に到達することなどないのです。スリーマイルにしても、今回にしても比較的浅いところで、止まっています。
 今回の悲劇はメルトダウンのイメージと言葉恐れで、バタバタしたことで事態を悪化させてしまったことにあると思います。最初に、あっ溶けちゃったよ、まぁいいっか・・と落ち着いて対処すればよかったのでしょう。メルトダウンした以上はその炉は使い物にはなりません。おしゃかです。ごく初期、東電はまだ何とか、炉を救ってやろうとどたばたしていましたね。メルトダウン、炉のおしゃかを信じたくなかったのでしょう。
 メルトダウンは最後の最後の安全な停止法かもしれません。

言い訳がおかしい

 原発の住所地でもあり、現在は町役場ごと会津若松市に避難中の大熊町役場には、「原発で恩恵を得てきたのに、事故でほかの地域に迷惑をかけ、今さら被害者ぶるな」といった批判の声が届いているという。

 町幹部は「雇用や、町から住民への教育費や医療費の補助など、確かに他地域より恩恵はあった」と認めつつ、「恩恵が県全体にも及んでいることを知らない人も多い」と戸惑いを隠せない。

 ある県幹部は「原発の恩恵がリスクと釣り合ってきたのは、“安全”という前提があったからこそ。これまでの経済的恩恵とは桁違いの損害が出ている」と話し、立地地域も被害者だと強調する。その上で、「県民対立や国民からの批判を防ぐためにも、濃淡はあるにせよ原発の経済的恩恵が、特定の地域だけのものでなかったという事実をしっかり伝えていきたい」と話している。

 以上が毎日新聞のwebに出ていました。言い訳ですね。要するにリスクと引き換えに本来恩恵を受けるべき人ではなく、県全体で食い物にしてきたわけです。20km圏内の人は所得税とか地方税、医療がただですとやって来ていれば、今回の事故もある程度は納得できたのでしょう。これでは益々納得できなくなります。

なんちゃって・・・

 資生堂のCMの椎名林檎さん、色っぽい・・いいですねぇ・・・テーマはVirginな肌、一度だけlike a virgin・・と歌い、最後に、なんちゃって・・・私は virginではありませんよと言っているようなもの。当然でしょう、そんなもったいないことしちゃいけません。

先が思いやられます

温度計
 部屋の温度が何もしないのに28℃になってしまいました。もちろん冷房はまだまだ使えません。これから先が思いやられます。今年は節電でクーラーの使用開始が遅れそうだし、設定温度も高くなります。

紫蘭満開

紫蘭 
 今日は初夏のような天気でした。しかし、午後には雲がだんだんと厚くなり今は月が全く見えません。天気が長続きしません。
 庭の紫蘭が満開です。

勘違いしてるよ

 海江田経産大臣、浜岡原発を止める事による地元経済(御前崎市)への配慮、また中部電力への財政支援を口にしています。経産省で面倒見るとか・・経産省の人件費削ってまわしたり(たかが知れていますが)するのでしょうか?それとも海江田氏の私財から供出するのでしょうか・・・・・そんなことはありませんよね。予算からですよね、ということは税金です。沖縄から北海道までの人が払った税金を御前崎市と中部電力にカンパするのとなんら変わりまありません。先の震災で復興に関しては国が全面的に面倒見ますなんて、さも自分の金を出すようなことを言ってましたが、これも税金で震災を受けた方々への全納税者のカンパです。でも東北の方々のことを思えば、政治家の言葉にはむかつきますが、それはいいでしょう。どんどん出してあげたいくらいです。でも、今回の浜岡原発の件は、全納税者がカンパする理由はあるのでしょうか?動かしてもない原発に今まで出していたからと言って交付金出す理由は?少なくとも国会で議論してからにして欲しいと。政治家は一度集めた税金は自分のものだと思っているのでしょうか? 以前にも書きましたが、日本は直接、間接などもろもろの税金を合計すると50%を超ええる、超高税国家です。もっとしっかりと管理してくださいよ・・KY博士もたくさん払っていますよ。ガソリン税、重量税、石油・電力特会、そして、酒税もね。それから天体撮影に行った帰りの入湯税・・まぁこれは地方税ですね。そして最もむかつくのが収入印紙・・・そんなもん貼ってなくてもだれも困らんわい。消費税の二重取りと変わらんですね。

高精細画像の貼り付け

 H/Pの天体写真には高精細画像と言っても決して高精細とはいえない代物が貼り付けてありました。容量を抑えるためにかなりの圧縮をしていました。今日、圧縮しないものを貼り付けました。残念ながらJPEGですが、それでもそれなりの画質です。元の画像は4000dを越えるものもありますが、いくらなんでもそれではと言うことで少し小さく短辺を3000dに統一してあります。それでもかなりでかく、処理のあらさがしにはもって来いです? まぁ、あらが合ってもプリントやWebサイズでは見えませんから、気にしない気にしない(^_-)-☆
 新たに貼り付けた画像は、洞窟星雲、M97M108、M31、IC2177、IC405 410、M42とその周辺、M81M82Ⅱ、M106 です。
 色味が多少異なるのはweb用ではなくプリント用を貼ったためです。較正されたフジのチェーン店のプリンターでKY博士の好みの色・階調に仕上がります。

無能を通り越して

 浜岡原発を止めるとか・・・・決断力がない、指導力がない・・・そんなことはないよ、僕、原発停止一人で決めちゃったよ・・・もう無能を通り越して、バカとしか言いようがない。
 前後の見境なく、思いつき独り善がりのパフォーマンスで言葉を発するなら、裸の王様にするしかない。マスコミも官僚も政治家も彼が何を言ってもうなずいて、そして何もしなければいい・・・

弩満開

超満開
 クレマチスが満開です。下の葉が見えないくらいです。満開になったと日差しがほとんどなく花の持ちもいいようです。それだけ天文ファンにはつらいと言うことですが・・・

なんか変だよ

 ウサマ・ビンラーディンが殺害されましたね。生きたまま捕まえることは出来なかったのでしょうか? 殺害してしまえば、ある部分歴史の闇に葬られてしまいます。まぁそれは部外者の考えでしょうね。生きていれば奪回のための新たなテロを誘発するかもしれないし。仕方ない選択だったのでしょう。しかし、パキスタンは米国から見れば、れっきとした別の国です。それが全く作戦を知らされていない・・・・独立国家じゃないですね。日本で似たようなことが起こっても、政府は何も言わないのでしょうか? 言わないでしょうね。かつて韓国が金大中氏を拉致して連れ去ったことがあります。一様文句は言いましたが、ポーズだけ。主権侵害もウヤムヤに・・・今の政権じゃもっとひどいでしょうね、国家感がまるでないから。
 そんな、話は別にして、ハンドソープ泡タイプ。詰め替え用も結構高いです。でも、これ普通のハンドソープを薄めただけじゃないですか。安い普通のを3倍程度に薄めればちゃんと使えます。泡タイプが高いのはなんか変ですよ。

 金大中氏が拉致されたホテルは九段にあり、その前のマンションの一室に、☆ナビの前身のスカイウオッチャーの編集部がありました。毎月のように作品を持ち込みましたね。カイウオッチャーから☆ナビにかけて、作品を郵送した記憶はありません。いつも持ち込みです。郵便代の節約ではありません。台紙を入れて封筒作るのが面倒なので。特に台紙の確保はやっかい・・・・

アルミホイール・スチールホイール

 最近、スチールホイールの車が街に増えているような気がします。アルミホイールはバネ下荷重が少なく、乗り心地がいい、操縦性が向上などといわれますが、まず相当なマニアでもその違いはわからないでしょう。宣伝ほど重さに差がないのも事実ですから。アルミホイールは、まぁファッションと言うことでしょうか。日本でも車は乗れればいいやと言う方が増えてきてるのも、スチールホイールが値段から選ばれて、増えている理由でしょうか。
 KY博士の車はもちろんアルミです。どちらを選ぼうかではなく、それしかメーカーの設定がなかったからです。それに車には見栄が重要と思っていますからね。実用じゃないからこそ趣味ですから。
プロフィール

KY博士

Author:KY博士
公開中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる