牡丹満開

牡丹満開

 牡丹がほぼ満開です。毎年大きな花を咲かせてくれます。葉っぱの割には
大きな花を咲かせます。花を落として、夏の日を浴び栄養を蓄積、次の年に
一気に使ってしまうのでしょうね。灌木ですが、年々大きくならないのは、貯
金しないで一気に花を咲かせるのに使ってしまうためでしょうか?誰かに似て
ます。
 イチデジ欲しいですね。イチデジなら、バックをもっとボカせて花を浮かび上が
らすことができるのに。
スポンサーサイト

牡丹が咲きました。

牡丹


 今日の日差しは初夏のようです。そんな中、牡丹が咲きました。まだのつぼみのも、
2~3日で咲きそろうでしょう。それに引き替えシクラメンは、ここのところの暖かさ(暑さ)
の為、青息吐息青息状態です。こちらはそろそろ夏眠の準備です。

何のため、誰のためのHigh画素

天体写真にどのくらいの画素が必要なのでしょうか?Web上で公開するなら
1000×800もあれば十分だし。A4でプリントして楽しむなら800万画素。でもプ
リントしたところで、全国に散らばる同好の士に見せる手立てはないし。雑誌の
フォトコンに応募して採択されても、雑誌上ではせいぜい10cm□。そうかフォト
コンの選者に見せるために、High画素なのか!!でもこれでは、あまりにさびし
いですよね。
別にHigh画素を否定しているわけではありません。自分のプリンターで出力す
る限り、800万画素ではもの足りないし、800万とそれ以上の画素の差は確実
にあります。問題なのはそれを見ていただく手段がないということです。自己満
足の閉じた世界ではモチベーションが続きません。High画素にするには手間も
お金もかかります。せいぜい、遠征の時にはプリントを持って行って、見せ合い
っこしましょう。

モッコウバラ

 なかなかすっきりしませんね。完璧な菜種梅雨状態ですね。このまま、本番の
梅雨に合流でしょうか?以前にもありましたね。いつ入梅だったのかわからないくら
い、雨がつづいて。まぁ、その分、梅雨が明けるのが早ければ、文句は言いませ
んが。
 庭のモッコウバラがそろそろ盛りです。これが咲き終わると初夏です。牡丹の
つぼみもだいぶ大きくなりました。そろそろ咲くかな。

モッコウバラ

一眼デジカメと冷却CCDの比較私見Ⅱ

 一眼デジカメによる天体写真のクオリティーアップ速度は、冷却CCDのそれを
確実に上回っています。いつ追いつくのでしょうか。個人的にはそれほど遠い将来
ではないと思っています←半分以上期待ですが。
 でも、どう、頭の中でシュミレーションしても、光害の除去の点では冷却CCDでしょう。
汎用のイチデジでは、特に暗部での直線性がないように感じています。ある照度以下
の時にはいくらコンポジットしても、画像が現れてきません。足切りされているようで
す。それに対し、直線性のある天体用のカメラはのようなことはないはずです。これは
イチデジでは暗いものが写らないと言っているいっているわけではありません。露出
を増やせばそれなりに写ってきます。問題なのは暗部の直線性がないために光害の
引き算がしづらいことにあります。 
 しかし、私にとってはそれは問題になりません。なぜなら、私の天体活動の半分以
上の目的は、都会から離れることにあるからです。

一眼デジカメと冷却CCD比較私見

 私とほぼ同じ焦点距離の冷却CCDの作品をWeb上で色々と見比べてみま
した。チップ上では同じ大きさに写っているはずです。星雲の微細なところ
の分解は冷却CCDに軍配が上がります。
 SBIG社のST-8は9μm□のピクセルサイズです。それに対し、私の
CanonEOS1DⅢは7.2μm□のピクセルです。しかしこちらはカラーのため、
2×2ピクセルが位置認識の最小単位になるはずです。この2×2の4ピクセルの
中には、赤と青が1個づつ、緑が2個入ります。位置の検出能力からは14.5μm□
のピクセル相当でしょうか。
 チップ上で同じ大きさになる星雲なら、ST-8に比べて2/5のピクセル数で
星雲を表現することになります。ここまでは、冷却CCDというか、モノクロの撮像
デバイスが有利です。
 しかしEOS1DⅢは圧倒的に大きなチップサイズを持っています。しかも私は
2コマモザイクを基本としていますから、合わせの糊代を入れて27.8×35mmの
1800万画素となります。位置検出的には1/4の450万画素ですが、少しは
利口なソフトで補間をやるでしょうから、冷却CCD的には8~900万画素相当
といってもいいでしょう。またこのサイズは24×36mmのフルサイズより、作品
とする場合有利です。2:3はほとんどのとき、横長すぎます。
 一眼デジカメは広いチップ面積を生かした使い方でこそ適しているといえます。

回転花火星雲

 M101銀河の画像を追加しました。短時間撮影を目指しながら、,80分
も露出してしまいました。テレコンを入れてF9になってしまったのが原因
です。
 色は、リバーサルに比べれば淡白ですね。本来ピンクになるべきところ
が、白っぽくなってしまいます。デジイチの課題ですね。Hαの画像を追加
するとかすればよいのでしょうが、短時間撮影の目標からは益々遠くなり
ます。

行って来ました

 金曜夜から西臼に行って来ました。もう雪はのこっていません。また暖かく
夜でもー4℃まで。肝心の天気は夜半前まで曇り、その後快晴で、だんだん
透明度も上がってきました。2時にはさそりが南の空に、3時には白鳥が富
士山の右肩に横たわります。もう夏です??
 下の写真は、まだ夕方の明るい頃です。このときは空はドン曇で、これ以上
組み上げるか、躊躇しているころです。ここで撤収して温泉行きか!! 組み
立て続行か!!ウジウジしていると,徐々に星屋さんが集まってきて、一人だ
け撤収も出来ず・・・・でも結果的にはそれでよかった、温泉はまたとしましょう。
西臼塚

大学の春

早稲田の春

 大学は今、新入生であふれています。また、部や同好会が新人の勧誘で声を張り上げ
たり、デモンストレーションをやったりと、活気に満ちてるというか、うるさすぎ。
 大学生には遊びも確かに重要ですが、勉強もして有意義な4年間を過ごして欲しいもの
です。最近大学生の学力が海外に比べて・・・・・色々言われています。
 でも最近の新入生はふけているのですね。貫禄あるというか、ちょっと見には区別つき
ません。

4月のシクラメン

 シクラメンはまだ花盛りです。花芽の出は少し衰えましたが、まだ4月中
は楽しめそうです。11月の末に買った物ですが、天気のいい日はこぼれ日
に当てること、夜は家の中に入れること、さらに、月に一度は腐葉土を水で
溶かしてその上澄みを肥料代わりにやることで、花を長期にわたって咲き
続けさせることが出来ます。ただし、球根は疲れ果てるのか、夏を越える
ことは難しいようです。

シクラメン

プロフィール

KY博士

Author:KY博士
公開中

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる